cid:image001.gif@01D1B7B3.7065E510

 

 

cid:image004.gif@01D26997.13DA7DB0

 

cid:image005.jpg@01D26997.13DA7DB0

 

2015516日 撮影

この年は、過去最高の23名の道中囃子が笛を奏でた。

 

 

 

 

YouTubeで資料映像をみる

↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

 

下伊田には昔から、笛吹きがいました。

しかし、戦中戦後の混乱の中で笛が廃れ

永く笛のない時代が続きました。

2003年、約60数年ぶりに笛が復活しました。

昔の笛を再現することはできませんでしたが、

行橋 今井祇園の笛を取り入れました。

 

450年の歴史がある川渡り神幸祭。

昔は、女性がかき棒をさわったり

山に乗ることは一切許されませんでした。

女人不浄観。

そういう差別意識が根強く残っていたからです。

しかし、戦後の日本は民主主義へと舵を切りました。

平成に入ってから、少子化の影響もあり

女の子が山に乗って参加する地区が出てきました。

下伊田区の場合は、2003年に下伊田道中囃子復活とともに

山に乗れるようになりました。

あれから10数年。現在では20数名の女の子たちが

笛を奏でています。

 

 

 

 

トップページへ

 

 

 

 

 

 

 

cid:image008.gif@01D1B7B4.CEC37F90

 

inserted by FC2 system