誠友会の組織と目的

過去現在の 下伊田山笠と その見分け方



現在の山笠の特徴

現在、担がれている山笠です。

1つ前の山笠の特徴を継承している現在の山笠。
ハフ下の白く塗られた梁、鳳凰は1つ前にもあります。
オレンジ楕円内青色の円内)

欄干の外側に幕を張るための柵がないのが現在の山笠の特徴です。

青色矢印)




1つ前の山笠は、基本的に欄干を隠して幕を張っていたので
この柵が必要でした。
青色矢印)





ハフ下の白く塗られた梁、中央に鳳凰があって赤円内)
欄干を隠すように外側に幕を張っている場合
(青色矢印)は、
1つ前の山笠です。





また、現在の山笠は、欄干を外に出して幕を張っています。
(青色矢印)


ただし、若干の例外があります。
1つ前の山笠も欄干を出して幕を内側に張っていた時がありました。






見分ける方法は、黒幕の幅が、緑幕の2倍くらいあれば1つ前の山笠です。
(白色矢印)





黒幕と緑幕が同じくらいなら、現在の山笠です。
(青色矢印)


下伊田区の山笠へ戻る

トップページへ戻る































inserted by FC2 system