誠友会の組織と目的

過去現在の 下伊田山笠



2つ前の山笠


1966年から1982年まで担がれた
(建設年は不明)

夏吉(吉田地区)から購入した。
1966年この山笠の初出駕のときの写真。
旗、幕などは3つ前の山笠のものをそのまま使用した。
(写真提供者 丸山康彦氏






同じく1966年初出駕のときの写真。
香春岳と武徳殿がなつかしい。
(写真提供者 丸山康彦氏





同じく1966年この山笠の初出駕のときの写真。
この写真には、今では考えられないものが写っている。
左が下伊田区の山笠、中央に赤い旗が横向きになっている。
他地区の山笠が川の中で転倒しているのだ。
担ぎ手と観客の緊張の一瞬を捕えている。
(写真提供者 丸山康彦氏




同じく1966年この山笠の初出駕のときの写真。
お上りで無事に川を渡り終えた写真。
幟を支えるロープを人が引っ張っているのが写っている。

(写真提供者 丸山康彦氏

1968年頃、永浦上組の人たちが写っている。
踏切付近で撮影。



1982年最後の出駕のときの写真。




この山笠は引退後、田川市石炭・歴史博物館に寄贈され
現在も展示されている。
数年に1度、ばれんの取り換えを行っている。





2012年11月11日、ばれんの取り換えを行った
山笠は2つ前だが、ここにある赤い旗、幕などは、
3つ前の山笠のときから使用されたものであり、
大変貴重なものである。








「1つ前の山笠」へ

































inserted by FC2 system