cid:image001.gif@01D1B7B3.7065E510

 

 

2017520日 誠友会広報撮影

 

cid:image010.png@01D26944.766AD090

 

 

資料映像をご覧ください。

 

 

 

 

YouTubeで資料映像をみる

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

クリック

 

cid:image011.png@01D26944.766AD090

 

風治八幡宮川渡り神幸祭は、五穀豊穣、無病息災を祈願し、
毎年5月第3土曜日とその翌日の日曜日に開催されます。

場所は田川市伊田 新橋と番田橋の間の彦山川とその周辺です。
1
日目は、「お下り」といい、風治八幡宮と白鳥神社から

2基の神輿が出て、対岸のお旅所までを

川を渡って移動し、11台の幟山笠がお供します。
お旅所で1泊したあと、2日目は「お上り」といい、

1日目とは逆のコースで神社に戻ってきます。
福岡県内で、いくつか川渡り神事が残っていますが、
盛大に行われているのは、

風治八幡宮川渡り神幸祭だけになってしまいました。
この祭は、福岡県民俗無形文化財に指定されています。

 

 

 

 

cid:image003.png@01D26947.4E6BAE40

 

約450年前の永禄年間に、

伊田村(現田川市伊田)では疫病が大流行し
多くの人たちが亡くなりました。

氏子たちは、疫病退散を風治八幡宮に祈願しました。
そして、願いが成就し疫病が治まりました。
そのお礼として、幟山笠を建て、

神幸祭に奉納したのが始まりとされています。
川渡り神幸祭は、行橋 今井祇園から伝わりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

cid:image008.gif@01D1B7B4.CEC37F90

 

inserted by FC2 system